ビバホームオリジナル
強うま苗

きになる赤小玉スイカ

失敗しにくい「強うま接木苗」

強うま苗の特徴

※お取り扱いを開始していない店舗もございます。詳しくは店舗にお問い合わせください。

接ぎ木苗の原理 『うまくなる枝』と『強い根』をつなぎました。

きになる赤小玉スイカの育て方

★ 栽培のポイント

定植(苗を苗床から移す)

畝(うね)幅2.5m、株間75cmを標準とします。定植時に16℃以上の地温を保つようにして下さい。
定植直後の風による被害を防ぐために、披覆う資材を使うと効果があります。

追肥

肥など有機質(1uあたり2〜3kg)を入れ、元肥は大玉スイカの半分(1uあたり40g)を標準とします。

整枝(無駄な枝を払う)

主枝(親づる)は5〜6節で摘心し、その後生育の良い子づるだけを3〜4本残し、株元や込み合った部分の孫づるは除去します。子づるの7〜8節目に雌花がつきます。

※接ぎ木苗は台木から伸びるわき芽は必ず摘み取って下さい。

結実・摘果(果実の数を制限する)

1番果は大きくし、つるの勢いを落ち着かせてから収穫します。
そこから6〜8節目の2番果は育てますが、3番果は摘果し、各つるに1果をつけて肥大させます。

病虫害

つる枯れ病、炭そ病が発生した場合には、店舗でお問い合わせのうえ、適切な農薬をご使用ください。

収穫

収穫目安は交配後30日位が適期です。つるの枯れ具合や叩いて音を確認し収穫しましょう。

スイカの豆知識

スイカは、90%以上が水分ですが、カリウムが多く含まれ、尿成分を作るのに関与しているアミノ酸のシトルリンを含んでいるため、利尿効果が高く、腎臓病の予防、ムクミ改善、高血圧の予防。体を冷やす作用などもあり、日射病・熱射病・夏バテ・夏気あたりのときに効果があり、二日酔いなどにも有効といわれています。

©LIXIL VIVA CORPORATION All RIGHTS RESERVED.