ビバホームオリジナル
強うま苗

よくなる大玉トマト

丈夫に育つおいしい接木野菜

強うま苗の特徴

※お取り扱いを開始していない店舗もございます。詳しくは店舗にお問い合わせください。

接ぎ木苗の原理 『うまくなる枝』と『強い根』をつなぎました。

よくなる大玉トマトの育て方

★ 栽培のポイント
潅水(かんすい・水やり)

午前中に行います。葉に水が直接かからないようにし、直接鉢土に行いましょう。実がつきはじめたら水やり量を少なめにすると、甘くおいしいトマトになります。

支柱立て

長さ1.5mくらいの支柱を、根から離れたところへしっかり挿し込みます。茎と支柱を紐で8の字にゆるく結びます。

摘心(てきしん)・わき芽

トマトが背高くのび、支柱の先端に届くぐらいになったら、茎の先端を摘み取る摘心(てきしん)をします。
花房の数が5段位を目安にし、先端に葉を1〜2枚残して、その先を摘み取ります。

葉や茎が勢いよく成長し始めると、葉のつけ根からわき芽が出てきます。わき芽を摘み取ると実が大きく育つほか、日当たり、風通しがよくなり、病害虫の発生も予防できます。

※接ぎ木苗は台木から伸びるわき芽は必ず摘み取って下さい。

追肥

大玉トマトの場合は、1番花が3cmくらいになったら液肥をしましょう。肥料は窒素分の少ないものが適しています。その後は生育具合を確認しながら追肥しましょう。

摘果(てきか)

大玉トマトは1つの果房に沢山の、実がつきますが、1つずつの実を大きくするために3〜4個を残して摘みとります。

収穫

赤く色づいたら収穫しましょう。トマトは雨にあたると割れやすくなります。雨が降る時には熟してなくても収穫するか、実に雨があたらないようにビニール袋をかぶせてやりましょう。

トマトの豆知識

トマトの赤色はリコピンと呼ばれる色素によるものです。ベータカロチンと同じ仲間ですが、最近になってガンや動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があることがわかり、注目されている成分です。トマトにはこのリコピンが豊富に含まれています。
抗酸化作用があるカロチンやビタミンC、Eや、ビタミンB群もふくまれており、細胞や血管を丈夫にするなどの働きで、美容や老化防止をはじめ生活習慣病の予防などにさまざまな効果があるとされています。またトマトに含まれるクエン酸には食欲中枢を刺激して食欲を進ませる働きがあり、ニコチンの解毒や二日酔いに効果的とされています。

©LIXIL VIVA CORPORATION All RIGHTS RESERVED.