採用情報

LIXILビバで働く人たち
  • 店舗で働く人たち

    商品部バイヤー
    八木 のぞみ

    2010年入社

    大工用品グループ
    塗料・接着・補修部門バイヤー

    入社したきっかけ

    もともとインテリア関係の仕事に興味がありました。その中でLIXILビバは、インテリア商材を販売するだけでなく、住宅リフォームも展開しており、住生活という幅広いフィールドで仕事ができると思いこの会社に決めました。また、説明会や選考に参加していく中で出会う方々の人柄がよく、こういう人たちに囲まれて仕事をしたいと思ったのもLIXILビバを選んだ理由のひとつです。

    仕事の醍醐味
    入社後、店舗で3年間インテリア売場を任され、入社4年目に本社商品開発部に異動してきました。商品開発部で1年半ほど勤務した後、現在の大工用品グループのバイヤーとなりました。店舗に並ぶ商品を選定するのがバイヤーの仕事です。数ある商品の中から自分が探してきた新商品を店舗へ導入し、それがヒットしたとき(売上が上がったとき)は、純粋に嬉しいと感じます。売れる商品を見つけるには常にアンテナをはっていることが大事です。他部門のバイヤーとコミュニケーションを取って情報交換している中で、思わぬ商品と出会うこともあれば、新規のメーカーさんとの取引きで、売れ筋商品を開拓することができるときもあります。色々なつながりを経て自分が選んだ商品で、会社に利益を出し貢献できたときは「頑張ってよかった!」と思える瞬間です。

    仕事をする上で決めていること・心掛けていること
    バイヤーは、最も色々な企業様と関わる仕事なので、社会人として「時間を守る」「納期を守る」など基本的なマナーは必ず守るよう心掛けています。また、店舗の方々とメーカーさんをつなぐ唯一の立場なので、お客様からいただいたご意見などは、どんなに小さなことでも、なるべくダイレクトにメーカーさんやベンダーさんに伝えるようにしています。そうすることが、お客様の声を一番商品に反映できると思っています。

    どんな後輩と働きたいですか?
    勉強熱心な方がいいですね。仕事に対して「なぜだろう?」という疑問を常に持ち、常に考えている方と一緒に働きたいと思います。向上心を持って仕事をすることはとても楽しいです。わからないことは、わからないままにせず、自分で調べて勉強して自分のものにしてく。そういった知識や経験を活かして、議論し合える後輩と働きたいです!