暮らしのQ&A

  • インテリア

    Q1.こたつ布団を新しくしたいんだけど、サイズがあるんでしょうか?

    まず、家にある「コタツ」のサイズを確認しましょう。大別すると、75cm×75cm、75cm×105cm、 80cm×120cm、90cm×120cm といった種類があります。(これより大きいサイズもあります) 一般的には、コタツのサイズから、片側50cm、両側で100cm大きいものを選んだ方が良いでしょう。
    良く売れている 80cm×120cm のコタツに合う布団は、190cm×240cmという規格サイズの商品が 合致します。 また、最近では、ゴワゴワと分厚いコタツ布団はイヤ・・という方の為に、「うす掛布団」という 商品が人気を集めています。従来品の三分の一位の厚さですが、裏地が毛布になっている為、保温効果 は従来品よりUPしています。是非、店頭でお確かめ下さい。

    Q2.羽毛布団ってピンからキリまであるから良く分からない…

    羽毛布団って、数万円~数十万円まで、訳が分からない位ありますよね!でも、羽毛布団の基本性能 にこだわるのであれば、それ程高いものは必要無いと思いますよ。羽毛布団って何かというと…・・ 羽毛布団とは、布団の中の詰め物のダウン比率が50%以上のものを言います。50%未満のものは 羽根布団。ダウンとは、水鳥の胸の毛、羽根(フェザー)はつばさの毛で、芯があります。このダウンと フェザーは、同じ水鳥の毛ですが、別物と考えた方が良いと思います。ダウンは、保温、吸水、発水性 (一度吸水した水分を吐き出す)があり、ダウンの比率が高いほど良い「羽毛布団」だと言えます。 また、水鳥といっても、グース(がちょう)、ダック(あひる)といった種類があり、グースの方が品質が 良く、更に寒い地方(ハンガリー、ポーランド、カナダ、中国)の方がより高品質と言われています。
    私の意見として聞いて下さい。ごく普通に羽毛布団を買うのであれば
    ①ダウン比率が90%以上で、シングル布団であれば、ダウンの重さが1.5kg以上ある
    ②ダウンプルーフ加工がしてある(ダウンが外に飛び出しにくい)
    ③立体キルト加工がしてある(ダウンが片寄りしにくい)
    ④羽毛の見本が添付されている

    こういった条件で、後は気に入った布団柄を選べば良いと思います。
    ●ちょっとヒント
    動物の羽根を使っている為、最初はどうしても「臭い」がします。(充分な洗浄をしても)最初に使う時は、半日位、風通しの良い日陰で干しておくと、羽毛の中の空気が入れ替わり臭いが低減します。

    Q3.カーテンを買いたいけど、サイズはどう測るの?

    掃き出し窓

     

    ランナーの穴から、床上1cm上がった所を測って下さい。

    ダブルにする場合は、レースの方を更に2cm短くします。

     


     

    腰高窓

     

     

    ランナーの穴から窓枠の下15cm位迄を測って下さい。

     

     

     

    Q4.カーテンを掛けるフックに種類があるの?

    一般的にカーテンフックには、下の様に2種類あります。夫々、掛ける場所、掛け方によって異なります。

    ① カーテンフックの種類

    ・レールを見せたい時
    ・天井に付ける時
    ・カーテンボックスの時

    ・レールを隠す時
    ・正面付けの時

     

    ② カーテンフックの選び方は、下の図を参考にして下さい。


    Q5.光を出来るだけ遮るカーテンにしたいんだけど…

    ビバホームで販売している遮光カーテンには、遮光率1級~3級の表示がしてあります

    遮光1級
                【表示例】

    1級:遮光率99.99%以上
    2級:遮光率99.8%以上99.99%未満
    3級:遮光率99.4%以上99.8%未満 以上JIS基準

    となっていますが、目安でいうと

    1級:電気を消して、人の顔の表情が識別出来ない
    2級:電気を消して人の顔、表情が識別出来る
    3級:電気を消して人の表情は分かるが、作業には暗いとなります。

     

    遮光率99.4%以上というと、かなり光を遮るのでは・・と感じますが、実際には、遮光性の無いカーテンよりも 少し暗い程度と考えた方が良いでしょう。より遮光を考えるのであれば、遮光率1級のカーテンを使用し、 カーテンレールを窓から出来る限り高い位置に取り付け、幅も大きく取り、床にべったりつく位の大きさで作る とかなり暗くなります。(それでも、縫い目から光が漏れ100%にはなりませんが)

    また、裏地付きの遮光カーテンは、遮光だけでなく、生地がダブルになっている分断熱効果もあります。

    Q6.カーテンは自分の家で洗っていいの?

    洗って良いカーテンには「ウォッシャブル」という表示があります。カーテンに付いている「取扱絵表示」を確認して 下さい。ビバで販売しているカーテンで洗えるものには「ウォッシャブル」と表示しています。また、収縮率も表示 してあり、例えば、収縮率 縦±1%、横±1% というのは、幅200cm、丈200cmのカーテンでは、各2cm 縮む可能性があると言う事になります。

    【洗濯機を使用した場合のポイント】
    ① フック、アクセサリーを全て取り外す。
    ② 出来る限り「洗濯ネット」等を使い、水量は最大にして洗う
    ③ 脱水後は、陰干しにする。(生地を傷める可能性がある為、乾燥機は使わない方が良いです。)

    Q7.1.5倍ヒダカーテンってなにが良いの?

    1.5倍ヒダというのは、幅150cm分の生地を使って幅100cmのカーテンを作るという意味です。 この50cmの差がタックということになります。2倍ヒダ、3倍ヒダという商品もあり、夫々仕上がりの 2倍、3倍の生地を使用しています。
    タックが多いほど、見た目がきれいに映ります。特に、外から見えるレースカーテンで2倍ヒダカーテンを使用 するとまるで違った雰囲気になりますよ