暮らしのQ&A

  • 日曜大工

    Q1壁に物を吊るすフックをつけたいんだけどネジが効かない!

    ピンフックよく住宅の壁に使われている「石膏ボード」ですね。実際困りますよね!
    石膏ボードが張ってある壁の内側には、 縦に間柱、横に胴縁と呼ばれる桟が必ず入っています。フックを取り付ける場合、この桟を探してねじ止めすれば しっかり取り付けることが出来ます。
    (桟を探す場合、専用の道具もあるが、壁に耳を近づけ棒の様なもので叩いた ときに、鈍い音がする所に桟がある可能性が高い)でも、桟が無い所に取り付ける場合は、普通のネジや釘は 利きません。
    最もお手軽な方法は「粘着式フック」「ピンフック」ですが、あまり重いものには不向きですね。 ここでは、アンカー、プラグを使う方法をお教えしましょう。

    ①ウォールアンカー:大工さんの必需品。鉄板、ベニヤ板、プラスチックにも使用可能です。

    下穴をあけて、挿入する。付属の空回り防止レンチとドライバーで締める

    中で「かさ」が開き固定される

    ネジを抜いてレンチをはずす

    フックを取り付ける

     

    ② トグラー:軽くてお手軽。薄ベニヤ板にも使用可能です。

     

     

    下穴をあけて、トグラーを内側に折り込む

    タテ開きになるような向きで穴に入れる

    付属の赤いピンで押し、かさを開く

    フックを取り付ける

     

    ①②に共通の注意点
    耐荷重は、約10kg位迄で、ドリル等で下穴(約8ミリ前後)を空ける必要があり、壁の厚みにより使用商品が変わりますので、注意が必要です。

    ③ YAソリッドアンカー:小さな穴で大荷重に耐えます。薄ベニヤ、ALCに使用可能です。

     

    下穴をあけ、ソリッドアンカーを2つ折りにして穴に入れる

    急結剤を入れて回りを固める

    フックを取り付ける

    ①や②に比べると、下穴も小さくて済み、耐荷重は約15kg位までです。急結剤でコンクリートの様に固まる のでもろい石膏ボードでもガッチリ止まり緩みにくいのが特徴です。更に、壁の厚みも関係なく使用できます。

    ・粘着式やピン式も含めて、商品には「耐荷重」が記載されていますので、必ずお買い上げの前に確認を!

    Q2.コンクリートの作り方を教えて下さい!

    コンクリートやモルタルって聞くとなにやらそれだけで「プロにお任せ!」となりそうですが、作り方そのものは それ程難しいものではありません。さすがに、きれいに仕上げるためには技術が必要ですが、何回か挑戦 する間にはコツが分かってくると思いますよ。

     

    コンクリート

    セメントと砂と砂利を 1:3:6 の割合で合わせて水で練ったものです。強度を強くしたい場合は1:2:4 の割合で混ぜ合わせます。

    モルタル

    セメントと砂を 1:3 の割合で合わせて水で練ったものです。コンクリート程の強度はありません。

     

    少量を手軽に作りたい方向きに、砂・砂利・セメントを既に混ぜてある「ジャリ入りセメント」という商品があります。これだと 袋から出して、良く掻き混ぜた上、水を加えるだけでコンクリートが出来上がります。

     

    材料を揃える時のポイントは、作りたい量と「砂利」の量を合わせる事。バケツ5杯分のコンクリートを作る為には バケツ5杯分の砂利が必要です。(モルタルの場合は、作りたい量=砂の量 となります)

    まず、セメントと砂を良く混ぜ合わせます。(混ざりにくので、時間をかけて)次に砂利を加え、更に混ぜ合わせます。  

    全てを混ぜ終えたら、山を作って頂上に凹みをつくり、その中に少しずつ水を加え練っていきます。固さは、スコップですくい上げた時に、流れ落ちない程度です。型枠に流し込む場合は、柔らかめの方が良いです。

    Q3.人の動きに反応して光るライトがあるって聞いたんだけど

    センサーライト

    センサーライトと呼ばれている商品の事ですね。ライトに付いた赤外線センサー で、人や物の動きを感知して、発光させるものです。 屋外用のセンサーライトは、夜外出先から帰った時やガレージでの物の出し入れ に便利ですし、同時にアラーム付きのセンサーライトは夜の侵入者を感知し 音でもしらせてくれます。 屋外型と屋内型がありますので、用途に合わせてお選び下さい。
    ※殆どの商品は家庭用100V電源でOKです。

    Q4.電動ドリルを持っているが、刃はどう選べば良い?

    ドリル刃

    ステンレス

    コンクリート

    陶器タイル

    磁器タイル

    鉄工用ドリル

    ×

    ×

    ×

    ×

    ステンレス用ドリル

    ×

    ×

    ×

    タイル用ドリル

    ×

    ×

    ×

    ドリルに限らず、丸のこ、ジスクグラインダー、ジグソー等の刃についても、素材に合った「刃」を選ぶのが基本です。

     

    Q5.普通のドリルでコンクリートに穴は開けられるの?

    普通のドリルでは、開けられません。 必ず「振動ドリル」と名の付くものを使用して下さい。構造上の違いで、普通のドリルでは、空回り するだけで、奥へ進んでいきません。

    Q6.壁紙に塗るペンキってあるの?

    あります。ニッペの「水性エコファミリー」です。
    壁紙の張替えって、いかにも大変そうですよね!実際には、慣れてしまえば 比較的簡単に張替え出来るのですが、剥がさないで、壁紙の上からペイント 出来る「水性エコファミリー」ならコストも安く済みお手軽です。

    ペイントのポイント

    ①事前にホコリ、汚れをしっかり落す
    ②塗る前が肝心。床、梁などペンキが付いてはいけない場所に、ビニールシートと、マスキングテープで覆う。
    ③塗りはじめる前に塗料缶を底からしっかり掻き混ぜる。

    この3点を守れば、あなたも「ペイント名人」です!

    Q7.粘着のフックで剥がした後が残らないものは無いですか?

    住友3Mで発売しいてる「コマンドフック」なら、剥がした跡が残らず、 剥がし方もカンタンです。凸凹のない滑らかな面なら、板壁、ガラス、プラスチック 等に付ける事が出来ます。

    また、ポスターを壁にとめる場合に便利な「コマンドタブ」を使えば 壁に穴もあかず、ポスターをキズつけません。(コマンドフックの付け替えとして も使用出来ます)