地域社会とともに

店舗の従業員と地域社会の皆様とが対話する「コミュニティ・ダイアログ」の開催

LIXIL ビバでは、地域社会の皆さまと良好な関係を築くため、店舗の従業員とその近隣の代表者の方々とで行う双方向のダイアログ(「対話」)を2012年度より実施しています。これらの対話をきっかけに地域社会における協働関係を確かめ合い、環境保全・防災対策・貢献活動などに対する社会からの要請や期待に応えることで、持続可能な社会の発展に貢献していきたいと考えております。

2016年度に4店舗、2017年度に6店舗、2018年度7月現在3店舗でコミュニティ・ダイアログを開催し、これまで開催した店舗とあわせて、コミュニティ・ダイアログの開催店舗は 25店舗となりました。


<2017年度 コミュニティ・ダイアログ開催概要>

【1】スーパービバホーム足利堀込店~足利市の皆さまとの対話~

  • 2008年のビバホーム出店から、9年目を迎えた現在、地元住民の多数の方々がビバホームの出店を喜んでおり、今後も是非継続的に営業を続けて欲しいとの声をいただきました。また、「駐車場から出る時に明確なサインがほしい」、「ラインを引いて自転車の道をはっきりさせてはどうか」など、具体的なご意見・ご提案もいただくことができました。

日時 2017年5月24日
開催場所 スーパービバホーム足利堀込店(栃木県足利市)  オープン 2008年 7 月
社外ステークホルダー 地元周辺の自治会、消防署、地元中学校、特別支援学校、など 12 名
ダイアログでの話題 災害時の「ビバホーム駐車場」の利用、職業体験の受入れなど

【2】スーパービバホーム名古屋南店~名古屋市の皆さまとの対話~

  • オープン当初に心配された渋滞もなく、自転車による来店促進は好印象でしたが、「PR不足ではないか」とのお声もいただきました。他にも、地域清掃への参加協力、中学校の職場体験の受け入れ、従業員の防災知識教育の実施などのご要望もいただきました。

日時 2017年6月16日
開催場所 スーパービバホーム 名古屋南店(愛知県名古屋市)  オープン 2015年 12月
社外ステークホルダー 公民会、消防署、区役所、障害者支援課、など 11 名
ダイアログでの話題 地域清掃への協力、防災時の対応、防犯についてなど

【3】スーパービバホーム西川越店~川越市の皆さまとの対話~

  • OPEN後8ヶ月が経ち、接客態度から植物の鮮度管理、駐車場の安全面など、ビバホームの改善すべき点をお客様の生の声として聞くことかできました。また、災害時に一時避難場所として駐車場を利用、障害者雇用の実習優先などのご要望をいただくことができました。

日時 2017年7月27日
開催場所 スーパービバホーム西川越店(埼玉県川越市)  オープン 2016年 12月
社外ステークホルダー 地元周辺の自治会、消防署、特別支援学校、など 7 名
ダイアログでの話題 障害者雇用、花の鮮度管理、店舗周辺の交通事情など

【4】スーパービバホーム春日部店~春日部市の皆さまとの対話~

  • 2014年にスパービバホーム春日部店がOPENしたことで便利になり、全体として良くなっているとのお声をいただきました。その一方、災害時における緊急時の避難場所としての利用、臨時通用口の設置のご要望をいただきました。また、小学校・特別支援学校からは、店長による「ゲストティーチャー」、「店舗見学の実施」などのご要望もいただきました。

日時 2017年9月8日
開催場所 スーパービバホーム春日部店(埼玉県春日部市)  オープン 2014年 3月
社外ステークホルダー 市役所、消防署、小中学校、特別支援学校、など 10 名
ダイアログでの話題 豪雨時の冠水問題、障害者雇用の促進、店長による「ゲストティーチャー」など

【5】スーパービバホーム長久手店~長久手市の皆さまとの対話~

  • スーパービバホーム長久手店が、お客様に支えられてきた6年間の経緯と今後の更なる成長を実感できる対話の場となりました。周辺の交通問題についてのご意見では、今後、地域共同で取り組む必要性を感じました。障がい者雇用では、人数を増やすことだけでなく受け入れやすい職場づくりを行っていきたいと思います。

日時 2017年11月22日
開催場所 スーパービバホーム長久手店(愛知県長久手市)  オープン 2011年11月
社外ステークホルダー 小中学校、自治会、就労移行支援事業所、市役所、など 8名
ダイアログでの話題 店舗へのご要望、防災について、障がい者雇用
地域と連携できることについてなど

【6】スーパービバホーム水戸県庁前店~水戸市の皆さまとの対話~

  • OPENから9年が経ち、住民のみなさまの様々な思い、意見を伺うことができました。ご要望いただきました、中学校での「職場体験」、特別支援学校での「ショッピング体験」など、今後もコミュニケーションを取りながら、実現していきたいと考えています。

日時 2017年9月8日
開催場所 笠原市民センター 大ホール   オープン 2009年 4月
社外ステークホルダー 小中学校、自治会、特別支援学校、市役所、など 9名
ダイアログでの話題 店舗へのご要望、防災について、障がい者雇用
地域と連携できることについて

<2018月分年度 コミュニティ・ダイアログ開催概要>

【1】スーパービバホーム鈴鹿店~鈴鹿市の皆さまとの対話~

  • 「スーパービバホーム鈴鹿店」は、地域の皆さまに見守られ支えられ成長してきたのだと再確認致しました。今回の対話では、防災時の協力や、中学校の職場体験依頼、店舗周辺の交差点の危険性、障がい者雇用等、沢山のご意見・ご要望をいただくことができました。今後は、各担当の方を窓口とさせていただき、地域と積極的な交流をもちたいと考えています。

日時 2018年5月23日
開催場所 住吉公民館  オープン 2008年 11月
社外ステークホルダー 中学校、自治会、障害者就労・生活支援センター、市役所、消防署 など 11名
ダイアログでの話題 地域との防災の連携、地域との連携活動 などについて など

【2】スーパービバホーム鴻巣店~鴻巣市の皆さまとの対話~

  • 2003年OPENから15年が経過し、地元の皆さまより、温かいお言葉を頂戴しました。中学校の「職場体験」の実施や、障がい者雇用の増員も進めていきたいと考えています。また、地元の防災イベント開催時は積極的に参加の意向で、これからも顔の見えるお付き合いが始まることを期待しています。

日時 2018年6月28日
開催場所 スーパービバホーム鴻巣店(埼玉県鴻巣市)  オープン 2003年 6月
社外ステークホルダー 中学校、自治会、障害者支援センター、市役所、消防署など 11名
ダイアログでの話題 地域との防災の連携、地域との連携活動、職場体験、障がい者雇用 についてなど

【3】スーパービバホーム橿原店~橿原市の皆さまとの対話~

  • 今回は、近隣の自治会長の皆さま中心に近隣の交通安全対策や防災についての話題が中心の対話となりました。お客様に支えられてきた開店後6年間の歴史と今後の更なる成長性を実感できる対話の場となりました。また近隣の中学校から、教頭先生と教務主任の先生を迎え、職場体験の今後の改善点なども積極的に発言いただきました。障がい者雇用関連では、就労・生活支援センター及び県の障がい者職業センターに出席いただきました。

日時 2018年7月27日
開催場所 スーパービバホーム橿原店(奈良県橿原市)  オープン 2012年 9月
社外ステークホルダー 中学校、自治会、障がい者職業センター、など 9名
ダイアログでの話題 地域との防災の連携、地域との連携活動 についてなど

<コミュニティ・ダイアログ開催店舗一覧(開催日順)>

開催年度 開催場所

2012年度

スーパービバホーム岩槻店
(さいたま市)

2013年度

スーパービバホーム伊丹店
(兵庫県伊丹市)
スーパービバホーム手稲富丘店
(札幌市)
スーパービバホーム清田羊ケ丘通店
(札幌市)

2014年度

スーパービバホーム寝屋川店
(大阪府寝屋川市)
スーパービバホーム加須店
(埼玉県加須市)
スーパービバホーム新名取店
(宮城県名取市)
スーパービバホーム岐阜柳津店
(岐阜県岐阜市)
スーパービバホームちはら台店
(千葉県市原市)

2015年度

スーパービバホーム高崎店
(群馬県高崎市)
スーパービバホームさいたま新都心店
(さいたま市)
スーパービバホーム仙台中山店
(仙台市)

2016年度

スーパービバホーム和泉中央店
(大阪府和泉市)
スーパービバホーム深谷店
(埼玉県深谷市)
スーパービバホーム那須塩原店
(栃木県那須塩原市)
スーパービバホーム狭山日高インター飯能店
(埼玉県飯能市)

2017年度

スーパービバホーム足利堀込店
(栃木県足利市)
スーパービバホーム 名古屋南店
(愛知県名古屋市)
スーパービバホーム西川越店
(埼玉県川越市)
スーパービバホーム春日部店
(埼玉県春日部市)
スーパービバホーム長久手店
(愛知県長久手市)
スーパービバホーム水戸県庁前店
(茨城県水戸市)

2018年度

スーパービバホーム鈴鹿店
(三重県鈴鹿市)
スーパービバホーム鴻巣店
(埼玉県鴻巣市)
スーパービバホーム橿原店
(奈良県橿原市)

<2013年度 活動実績>
<2014年度 活動実績>
<2015年度 活動実績>
<2016年度 活動実績>

森林生態系の保全

「森でeこと」への参加

  • 2014年10月11日(土)実施

  • (株)LIXILにおける環境保全のためのボランティア活動「森でeこと」に2013年から当社も参加させて頂いております。 この活動は、間伐や下草刈りをすることにより、里山に陽の光を入れることで『生物多様性』に富んだ林づくりを目指すものです。
  • 【活動前】

  • 【活動後】

  • 2015年6月6日(土)実施

フクロウの生息する雑木林の生態系改善のため里山整備を実施。 当日は、雨上がりで下草がぬれている中での作業でしたが、予想以上に作業は進み、始めは薄暗かった林が、 太陽の日差しが降り注ぐ明るい林へと生まれ変わりました。

環境アセスメント

『(仮称)SVH千里丘新築工事』に係る環境影響評価関連資料の公開について』

このページは、「吹田市環境まちづくり影響評価条例」および「同施行規則」に基づいて制定された吹田市の環境まちづくり影響評価手続きに則り、 環境影響評価に関連する資料を広く公開する目的で設置しているものです。

          

吹田市の環境影響評価について、詳しくは吹田市ホームページをご覧下さい。

         

【更新内容】

2018/08/29 環境影響評価提案書公開


【資料一覧】