防災・災害支援

【1】スーパービバホーム岐阜柳津店~水害用救助ボードを2台常備~

近年頻繁に発生している集中豪雨などによる水害対策として救助ボート2台を店舗に常備しております。
水害時に有効・適切に活用できるように、店舗では定期的な整備点検を実施してまいります。

岐阜市とは、災害時において店舗屋上駐車場の一部を避難場所として提供すること等を定めた協定書(大規模災害時における駐車場の一時使用に関する協定書)を 2014年11月に締結しました。

【2】スーパービバホーム伊丹店~災害時に備えた受水槽を新設~

地震等の災害時に断水しても、地域の皆様に浄化した受水槽内の水を飲料水(ビバが 水質管理している安全な水)として提供することが出来ます。
また、断水時でも店舗のトイレをご利用頂くことも出来、災害時の復興拠点としてご利用 頂けます。

地域防災への取り組み

【1】広島県土砂災害救援ボランティア活動支援

  • LIXILビバ(ビバホーム)は、平成26年8月20日に発生した広島県豪雨災害で広島市安佐南区および安佐北区を襲った土砂災害に対して、救援ボランティアの活動支援のために、支援物資を 認定NPO法人ジャパンプラットホームを通じて現地支援センターに提供いたしました。

    この活動に対して、平成27年3月25日 社会福祉法人 広島市社会福祉協議会より早速な支援に対するお礼と感謝状を頂きました。

    現在、現地の災害ボランティアセンターでは復旧段階から復興段階に移行し被災者の皆様方の生活再建に向けた取り組みを行い、よりきめ細やかで息の長い被災者支援活動が続けられているとのことです。

    LIXILビバは一日も早い復興のために、今後とも支援活動を行ってまります。

【2】LIXILビバは、関東管区警察局と「大規模災害等における物資の供給への協力に関する協定」を締結しました

株式会社LIXILビバは関東管区警察局と「大規模災害等における物資の供給への協力に関する協定」を、 平成27年11月2日に締結致しました。
この協定は、大規模災害発生時に警察の救出救助活動等に必要な資機材を優先的に供給するというものです。
関東管区警察局以外の全国の都道府県警察にも、同局を通じて物資の提供を可能とする内容となっています。
同局と民間企業等による大規模災害時の物資提供等に関する協定はLIXILビバが初となります。

渡邉社長(左)と大平関東管区警察局長

LIXILビバは、企業の社会的責任(CSR)の一環として「社会貢献活動」にも積極的に取り組んでまいります。